学年別学習内容小学4年生の学習

4年生

しっかりとした学習習慣をつける

これまであまり勉強をしなくても、それなりに点数を取れていた人が頭打ちをしてしまうのが4年生です。そのため、馬渕教室では、春期講習会までのカリキュラムは比較的ゆるやかに組んでいます。4月以降は徐々にペースも上がってきますので、4年生前半にしっかりとした学習の習慣をつけておくことが大切です。授業で理解し、宿題で定着を図り、わからないところを解消した上で次の授業に臨むというサイクルを4年生で作り上げます。

学習教科

時間割サンプル

教科の説明

算数

算数
受験算数の基礎固め 算数的な考え方の定着。

受験に必要な算数の知識の導入を行います。この時期の勉強が受験を決めるといっても過言ではありません。ただパターンを覚えるのではなく、そのパターンが生まれるまでのプロセスや理論を大事にします。じっくり時間をかけて本質を理解する学年です。

授業の流れ

カリキュラムはスパイラル方式

カリキュラムはスパイラル方式

算数は積み上げが重要な教科です。難しいことを難しいまま見せていたのでは算数嫌いを作るだけ。
はじめは「やさしく」、そしてだんだんと難度を上げていって、はじめて、最難関レベルの算数まで引き上げることが可能になります。だから、カリキュラムはスパイラル方式。
同じ単元を何度も繰り返しながら、少しずつレベルアップしていきます。2回目は「知っている」からスタートできるから、理解の度合いも高まります。

国語

国語
表現に意識的になる。文と文、段落と段落の関係に注目する。

3年生では具体的な内容の文章を扱い、事実を正確に読み取ることを主眼としていたのに対し、4年生ではそれを発展させ、行間にこめられた心情を読み取る、抽象度の高い文章に触れる、表現そのものの面白さを理解するといったやや高度な文章の理解に重心を移していきます。また、文法的事項から読解への橋渡しとして、2文の関係や、段落どうしの関係についても学習し、5年生で学習する文章構造の把握への基礎を固めます。

授業の流れ

理科

理科
受験に必要な事象に興味付けをする。

自然界のさまざまな事象に接することから理科の学習が始まります。
「なぜ」「どうなっているの?」を大切に、生徒の自然な疑問や興味を学習に結び付けていきます。幅広い知識を吸収させるとともに、身近な現象についての基本的な仕組みを理解していきます。また、テストを意識した受験理科の学習姿勢を身につけさせます。

授業の流れ

社会

社会
興味付けを行いつつ基本用語の定着を図る。

中学入試の社会では「広く深い」知識が要求されますが、本格的な学習と初歩的な基本用語の暗記を、5年生ですべて行うと、非常に負担が大きくなります。4年生の間に地名などの基本用語の定着と、社会科の論理性を習得することで、5年生からの本格的な受験勉強の負担を軽減させます。馬渕ライブナビや写真・図版を多用したテキストは社会科への興味付けに大きく役立ちます。

授業の流れ

馬渕教室オリジナルの映像学習

馬渕ライブナビ

映像世代に最適な馬渕教室の最先端教育!

ストレートに心に響くデジタル映像を道具にして、巧みなストーリー展開で、授業のおもしろさを伝えます。後は定着また定着!

映像世代に最適な馬渕教室の最先端教育!ストレートに心に響くデジタル映像を道具にして、巧みなストーリー展開で、授業のおもしろさを伝えます。後は定着また定着!
▲ページの先頭へ